スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ取りました

 計測を終え、今朝スポークの発注をしました。
思ったより長いので間違ってるんじゃないかと少し不安ですが、失敗を恐れちゃ前に進めないのさ。
どんと構えて到着を待ちます。

 画像 013-1
ロックナット-フランジ間距離を測る時、あたしは手元にあった差し金をロックナットに挟んでみました。

 おーっと肝心の計測の仕方ですが、いろんなサイトを調べた結果このサイト(←ポチッっとしてね)の「スポーク長」のところを利用させてもらいました。

 画像 013-1
バリ取りナイフも入手できました。

画像 015 (2) 
最初は使い方が分からなかったけど、直ぐに理解でき楽しめました。
お耳そうじしてあげてる感じ、こんなに取れてスッキリです。
これで大分軽くなるだろう・・・なんて絶対わかんないと思う。




 明日は、BICYCLE MAGAZINEの撮影を見学に行くので、一応何が起きてもいいようにヴォーグをキレイにしてあげた。
初めて室内に運びこんでみたんだけど、自転車って家の中で見ると大きいね。

バリ取ったり、ジャガイモ茹でたり、チェーン洗ったり、ひき肉炒めたり、サドル調整したり、パン粉付けたり、妙なギャップを楽しんでます。
今夜はコロッケ!
(油臭いコロッケになりそうでしょ、でもちゃんと手術用みたいなゴム手袋あるから大丈夫さ)

画像 022-1

comment

Secre

バリ取ナイフ ホーザンのお高い物を奮発しましたね(笑)

このスポーク長計算機は使いやすくて良いですね 私はニップルの頭からスポークが出るのが嫌だから 1mm短いのを選びます
そして外周を少しでも軽くするのはホイールの性能にとってとても大切な事なんですよ

うんちく話
ARAYAのデータ 1995年の資料ですが
ADX-1 エアロ1は 32,28,24,20穴の700cリムが有り
公表重量330g 巾18.7mm 高さ18.5mm となっています

実測は5~6g重いのじゃないかな? そして綺麗に切削したバリは前後で1g有るか無いかだと思いますよ

「工具魂」を見て型番覚えていたので・・・テヘヘ

今は何見てもこそぎたい気分です(爆)


スポークの長さはあたしもそうしたいです、というかあたしの想像上でもスポークの端のネジ部分はニップルの中に納まるものだと思ってました。
今回は算出された数字の小数点以下は切り捨てたので、正確に測れていたなら多少は短いかも??

エアロ1は28穴です。
はじめての28穴なので、参考に出来る物が無く少し心配なのです。

工具魂 面白いでしょ(笑)
28穴は4クロス(8本組)は出来ないですよ・・
28穴でもする事は同じですから36穴が有ればそれを参考にしたら良いですよ

私の頃って参考になる書物も無いし 他のホイールを見よう見真似で組みましたが
最初は間違いだらけで 何回も組み直しました でもそんな失敗をしたお陰で大切な事は忘れないし 上達もして行きます
そんな事をしていたのが中学生の頃でした

一回で完全に仕上げるより 失敗しながら何回も組む方が 楽しみが多くて良いじゃない(笑)
プロフィール

tacotaco

Author:tacotaco
来てくれてありがとう。
Wan と Nya と 自転車 と共に毎日を楽しく暮らしてます。
生息地域は東京の南西あたりです。
もし街で見かけたらハングルースでもしてやって下さい。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。