愛獣と愛車(時々波乗り)のゆるゆるなBLOG
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月12日 (日) | 編集 |
連休だと云ふのに家を空けられませんで、今日もちゃりいじり。
   画像 075-2
    (もちろんこれはウチの作業場ではありません。欲しいけど・・・)


画像 005-2


  ブリジストンのブリちゃんに45Tを装着(もちろんあたしではなくヤジオがやりました)
   -2.jpg
  ちとチェーンがゆるいと思うんだけど、取り敢えずこれ以上引けなかったらしい。
   画像 068-2

そうすっと45×20で2.25かぁ。

乗った感じは違和感まったくなし。
上り坂は楽。下りはギャグ漫画っぽい気がする。

ひとつ問題はハンドルの方。
あと両側3cmずつCUTしてもいいかも。



自分ちゃりも軽くしようかとちょっと心が揺れてる。

・・・でも、その前に
  画像 067-2
  ドロップに戻してみました。
  秋なので少しは大人っぽくね。
  とは云ってもやっぱりオモチャてぃっく。

コメント
この記事へのコメント
チェーン
工具もこれだけしっかり揃えると気持ちが良いですね

ギア板を47T から45Tに落としたら
チェーンを1コマ切れば ほぼ一緒の位置に出来ますよ

1コマが切り過ぎなら半コマを使う手も有りです
2008/10/13(月) 18:00:12 | URL | Kino #YVWDSDMY[ 編集]
連続コメント申し訳ないです

過日の記事に頂いたコメント
>「ギア側のリングに多数穴を開け 内側リングを切り落とす」ってどんなんだろうって今考えて想像してます。

今回の前ギアの写真で MIGHTY COMPETITION などが刻まれているのが内側リングですが 私はそれを5アームの部分を残し切り落としています

外側リングは歯が成型されている部分ですが そこに等間隔で穴を開けています 
45Tなら9度ピッチ(間隔) 47Tなら4.5度ピッチで 直径3.5mm の穴です
(5アームは72度ピッチ(間隔)と言えば分かるでしょうか)

PCD151時代には この様な肉抜きのギア板は無く
選手自身が工作をしたものです
でも内側のリングを切ると スッキリしますが
凄く強度は低下しますよ
2008/10/14(火) 00:49:58 | URL | Kino #YVWDSDMY[ 編集]
超なるほどです。
リングに穴は聞いたことあったけど、内側のリングを切り落とすってのが分からなかったす。
薄く削るのかと思った。
確かに見た目スッキリであたし好みかも。
でも多分できぬぁいです。

今日はヤジオにハンドル切ってもらってまつ。ワクワク
2008/10/14(火) 13:06:37 | URL | tacotaco #-[ 編集]
ちわっす!

内側リングの切り落としは 穴開けと比べたら
時間は10分の1で済みますよ
ザクっと切って 後はヤスリ掛けで成型と仕上げです

古~い ギア板で試してみて下さい
最初から内側リングが無い物とはまた違う趣で
スッキリ 間違いなし!(笑)
この位の軽い倍数なら使うのも問題ないでしょう

お買い物自転車 フロントブレーキを付けるのに
フォークの穴開けもしましたよ
そんなに硬い材質じゃないし 誰でも出来るのじゃないかな?
6mm の穴一個でこれもスッキリ! ははは
2008/10/14(火) 16:04:29 | URL | Kino #YVWDSDMY[ 編集]
この作業場とんでもなくかっこいいですね~
メンテちゃんとやらなきゃだけど・・・
出来てないっすー
2008/10/16(木) 00:37:41 | URL | sacco #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。